リラクゼーション
  • 1月のリラクゼーション
  • 2月のリラクゼーション
  • 3月のリラクゼーション
  • 4月のリラクゼーション
  • 5月のリラクゼーション
  • 6月のリラクゼーション
  • 7月のリラクゼーション
  • 8月のリラクゼーション
  • 9月のリラクゼーション
  • 10月のリラクゼーション
  • 11月のリラクゼーション
  • 12月のリラクゼーション
9月のストレス解消! リラックス法
■9月のストレス解消! リラックス法  
つくる・・・楽しい料理が家族を笑顔に
食べることは生活の基本です。
ただ口に入ればいいというわけにはいきません。健康的に、おいしく、楽しく食べたいもの。
家族を思ってつくる手作り料理は、食卓に笑顔を運び、ゆったりとくつろいだ時間をつくり出します。ところが、料理の効用はこれだけではないことがわかってきました。
食事づくりりは、プランから食べるところまでを総合的に組み立てる作業です。

献立づくり、調理、盛りつけのどの場面でも、想像力や記憶力を司る脳の前頭前野が刺激されているという研究結果が出ていますし、脳の老化防止にとても有効なのです。
健康や家族のコミュニケーションのためにも、食事は手づくりして家族で食卓を囲みたいものです。
9月のストレス解消! リラックス法

あなたにおすすめの手づくりテクニック
●料理は少々苦手なあなた 昔ながらの料理はつくって食べても満足感があり、肉じゃがやサバのみそ煮、厚焼き卵など定番20品ほどマスターし家族をびっくりさせましょう。
●子どもには火を使わせたくないあなた 子どもといっしょにおやつをつくりたいけど、火や刃物が心配。それなら電子レンジでプリンやゼリー。市販品のアレンジなどがおすすめです。
●忙しくて料理の時間がとれないあなた 電子レンジで時間短縮しては。根菜の加熱、鶏の酒蒸し、ホワイトソースなどもレンジ向き。栄養を逃さない、後始末が楽という利点もあります。
●味つけに自信のないあなた 市販のたれやソースを味つけに利用。香辛料や香味野菜、ゴマやかんきつ類などをプラスして、ひと味違う自分流にアレンジします。

こどもと楽しい手づくりタイム
簡単ヨーグルトチージーズケーキ
子どもの手づくり料理はふれ合いのチャンス。
つくったおやつで楽しいティータイムももてるので、一石二鳥。
■材料(6人分)・・・クリームチーズ100g、ヨーグルト1カップ、生クリーム1/2カップ、砂糖70g、レモン汁大さじ1、ブルーベリーなどのベリー類適量。

つくり方
ステップ1
クリームチーズは、室温にもどしてやわらかくし、ボウルでクリーム状に練る。砂糖を加えてさらによく練り混ぜる。
ステップ2
ヨーグルト、生クリームを順に加えてなめらかになるまで混ぜ、レモン汁を加えて器に流し入れ、冷蔵庫で冷やし、ベリー類を飾る。
 
手料理でコミュニケーション
料理が少々苦手でも、とにかく1,2品つくってみてください。おいいし、まずいも話題のひとつ。
季節の食材、健康問題、食卓はコミュニケーションの場に最適です。
●朝食は、卵を焼き牛乳と野菜サラダを付けるだけでもよいので、家族そろってとるようにしたいものです。
食べて会話をすれば脳が目覚め、1日の活動のスイッチが入ります。
●毎日食べても飽きないのが手づくりの家族の味。
 夜は家族で食卓を囲み同じ料理を食べれば、話もはずみます


●健康のためには、たくさんの食材をとりたいもの。
 何を食べたか食の記録をつけておくと、不足がちの食材がわかります。
 食の話題がコミュニケーションのきっかけに。

参考文献:「脳を鍛える大人の料理ドリル・料理の基本テクニック30日」 著者:川島隆太 発行:くもん出版
今月のリラクゼーション