リラクゼーション
  • 1月のリラクゼーション
  • 2月のリラクゼーション
  • 3月のリラクゼーション
  • 4月のリラクゼーション
  • 5月のリラクゼーション
  • 6月のリラクゼーション
  • 7月のリラクゼーション
  • 8月のリラクゼーション
  • 9月のリラクゼーション
  • 10月のリラクゼーション
  • 11月のリラクゼーション
  • 12月のリラクゼーション
7月のストレス解消! リラックス法
    
■7月のストレス解消! リラックス法  
肌をいたわる・・・スキンケアで肌と心を同時にいたわる
肌には体や心の状態がそのまま現れます。鏡をのぞいて、肌荒れやくすみなどに気づいた時には、栄養の偏り、寝不足、イライラなど、思い当たることが多いものです。
ましてや地球規模で紫外線量が増えている近年の環境。
紫外線は肌を老化させ、しみ、しわ、そばかす、たるみなどの原因となります。

うるおいとハリのある美しい肌をつくるためには、日焼けを防ぎ、清潔にして保湿を心がけます。

栄養バランスのよい食事も欠かせません。でも、スキンケアはそれだけでは不十分。ストレスや気持ちの落ち込みはホルモンバランスのくずれや、免疫の低下を引き起こし、肌も荒れます。

肌と心を同時にケアすれば、肌も心もいつもつやつや元気です。
水中ウォーキング

あなたにおすすめの水中エクササイズ
気になる部分をアクアウォーキングで集中シェイプアップ。
●一気に日焼けしてしまったあなた

紫外線ブロックが基本ですが、万一日焼けしてしまったら冷たいタオルでほてりをしずめ、カーマインローションを。パックなど肌に刺激は禁物です。

●しみ、そばかすが気になるあなた

しみ、そばかすの大きな原因は紫外線です。悪化させないようUVケアを心がけ、スキンケアには美白化粧品を用いてみましょう。

●たるみが気になるあなた

加齢や乾燥、紫外線で弾力が失われると肌のたるみが起こります。保湿やマッサージでケアし、フェイスエクササイズで表情筋を鍛えてください。

●メイクあとの肌荒れが気になるあなた

洗顔し過ぎで肌を乾燥させていませんか。クレンジングと洗顔料を用い、ぬるま湯で、こすらずやさしく、すすぎ過ぎず、洗顔後はすぐに保湿を。


  
乾燥を防いで汚れを落とす・・・肌にやさしい「洗顔法」
まちがった洗顔法は肌を傷つけ、乾燥肌の原因になります。
肌荒れをしない正しい洗い方を身につけ、肌のうるおいを保ってください。
step1
メイク落としには、まずクレンジング剤を。石けんだけでは油分が十分に落ちません。

step2
洗顔料はよく泡立て、やさしく洗います。

step3
すすぎはぬるま湯でていねいに。冷たい水や熱いお湯は、皮脂を取り過ぎるので、肌を乾燥させます。
    
step4
すすぎ過ぎ、ごしごしするのも乾燥肌の原因になります。
    
step5
顔を拭くときはやわらかなタオルを用い、こすらず軽く押さえます。
 
紫外線対策はしっかり
紫外線は肌を老化させてしみやしわの原因に。健康な肌のために、紫外線対策は必須です。
日焼け止めを活用する
SPF20〜30、PA++程度のものを、アウトドアならSPF40以上PA+++をすすめられます。外出時には日傘や帽子、UVカットサングラスも忘れずに。
夏でなくても油断大敵
紫外線量が増えるのは3月から、ピークは4月〜9月です。ガラスを通す紫外線もありますから、室内でも安心できません。
参考文献:「美肌の秘密」 著者:河合公子 発行:太陽企画出版


紫外線のB波、蓄積されると白内障の原因に。顔のカーブに沿ったサングラスは、紫外線対策に効果。
ビタミンCは、しみの原因になるメラニン色素を抑制。夏のスタミナ不足には、ビタミンB1・B2を。

今月のリラクゼーション