リラクゼーション
  • 1月のリラクゼーション
  • 2月のリラクゼーション
  • 3月のリラクゼーション
  • 4月のリラクゼーション
  • 5月のリラクゼーション
  • 6月のリラクゼーション
  • 7月のリラクゼーション
  • 8月のリラクゼーション
  • 9月のリラクゼーション
  • 10月のリラクゼーション
  • 11月のリラクゼーション
  • 12月のリラクゼーション
5月のストレス解消! リラックス法
    
■5月のストレス解消! リラックス法  
散策する・・・ご近所の散策で新しい発見を
脚と脳には深い関係があるといわれます。
脚の筋肉を働かせることは、健康を保つと同時に、脳の老化を防ぐとてもすぐれた方法なのです。
健康のために1日1万歩以上歩くようにすすめられていますが、仕事だけ、家事だけの生活ではなかなか達成できません。とはいえ、あらためてウォーキングに出かけるのもおっくうという人も多いはず。
そんな人にも有効なのが、ご近所の散策です。
小さな植物図鑑を持って、空き地の雑草や街路樹を観察し、季節の変化を実感したり、鳥の声に耳を澄ませたり、町の歴史や子どもの頃の記憶をたどるのも楽しいものです。
目や耳からの刺激で、脳もいっそう活性化します。
背すじを伸ばして、少し速足でも歩いてみましょう。
散策する・・・ご近所の散策で新しい発見を

あなたにおすすめの散歩法
あなたにおすすめの散歩法 ●頭がかたいといわれるあなた

コースも時間も決めずに気ままに歩きましょう。バスに乗ってみたり、途中でカフェに寄り道したり、足の向くまま気の向くままの散歩をどうぞ。

●集中力が足りないといわれるあなた

ときには五感を研ぎ澄ませて歩いてください。景色をよくみる、耳をすませて辺りの音を聞く、風のにおいを嗅ぐ。探究心が集中力を高めます。

●無趣味だといわれるあなた

道端の草花や鳥の姿に目を止めたら、次は図鑑を持って出かけてみましょう。そのうちに、スケッチブックやカメラが常備品になるかもしれません。

●人づき合いがへただといわれるあなた

同じ時間帯、同じコースの散歩を続けていると、いつの間にか散歩仲間と挨拶を交わすようになります。地域情報や趣味の話で、友達の輪が広がります。


散歩をもっと楽しくする ・・・マイマップをつくろう
いつも歩く散歩コースを絵地図にしてみましょう。
道を描いたら、気になる建物、川や畑、木や花、みかけた鳥なども描き込んでいくと、おもしろい仕上がりになります。
step1
市販の地図を広げて絵地図に描こうという範囲を決め、脇に紙を置いて、中心になる道路や鉄道、川、公園などをざっと描いていきます。

step2
描けたらスケッチブックを持って散歩に出かけ、地図に書き込みたいものを写生してきます。

step3
スケッチしたものを絵地図に描きこんでいきます。絵地図の絵は、一定方向の視点から描きいれましょう。
 
エコウォークのすすめ
自然環境を保護するのが目的の観光旅行、「エコツーリズム」と「ウォーキング」が結びついて「エコウォーク」が生まれました。地域特有の自然や文化、歴史を歩いて、未来に残そうという活動です。
  • エコウォークは、その地域の自然・文化・歴史を歩いて体感する活動。地域ガイドの案内つきなので、興味深い話が聞けます。
  • 参加費の一部は地域の環境や文化保全団体に寄付される仕組み。ウォークを楽しんで、地域を守ることにも貢献というメリットがあります。。
  • 全国に特色のあるコースが設定されています。高原や海辺、昔の街道や古道など、さまざまなシチュエーションを歩いてみましょう。


参考文献:「歩くとなぜいいのか?」 著者:大島清 発行:講談社

今月のリラクゼーション