リラクゼーション
  • 1月のリラクゼーション
  • 2月のリラクゼーション
  • 3月のリラクゼーション
  • 4月のリラクゼーション
  • 5月のリラクゼーション
  • 6月のリラクゼーション
  • 7月のリラクゼーション
  • 8月のリラクゼーション
  • 9月のリラクゼーション
  • 10月のリラクゼーション
  • 11月のリラクゼーション
  • 12月のリラクゼーション
3月のストレス解消! リラックス法
    
■3月のストレス解消! リラックス法  
育てる・・・花や野菜を育てて収穫を楽しもう
仕事が忙しくて疲れて、気分が落ち込む。そんなときの気分転換に効果的なのが、土にふれ、植物を育てることです。種をまくと、芽が出て、茎が伸び、緑の葉が茂って、やがて花が咲き、実がなる。その生の流れをみる喜びは格別で、自然に心が癒され安らぎます。
花やグリーンで好みの庭造りや、室内のインテリアもいいものですが、育てて食べて、植物の命を丸ごと味わう家庭菜園にチャレンジしてはいかがでしょう。
庭がなければベランダでプランター菜園、市民農園を借りるなど手段はいろいろ。
自分で育てた野菜なら食べても安全で安心、体を動かすから運動にもなります。
収穫した余分な野菜は、人とのコミュニケーションツールにも最適です。

あなたにおすすめのグリーンライフ!
●安全・安心なものを食べたいあなた 有機野菜や無農薬野菜は高くてと悩んでいるなら、市民農園を借りて野菜づくりをしてみませんか。季節ごとの収穫、農園仲間との交流と楽しみもいっぱいです。
●もったいない精神が発達したあなた ねぎやみつばの根の部分、にんじんや大根の上部を水につけておくと、葉が伸びてキッチン菜園に。野菜もリサイクルしてみましょう。
●庭はないが緑や土に癒されたいあなた ベランダで野菜やグリーンを育てれば、疲れたときや、家事の合間のちょっとした時間に手入れができて、心が休まります。
浮かんだ一句に、四季の自然をおもむくままに描写してみましょう。
●「だんごより花」を愛するあなた 食べるものより花でわが家を飾りたいなら、ガーデニングを学んでは。

育てて食べれば感動は2倍
・・・家庭菜園にチャレンジ・・・
初心者は、まず人気のミニトマトを苗から育ててみてはいかが。
プランターに植えればベランダ栽培でも大丈夫。かわいい実の収穫が楽しみです。
step1
プランターに鉢庭石を敷いて土を入れて元肥を施し、土を混ぜ合わせ苗を置き土をかけ、水をたっぷり与えます。

step2
わき芽が出たら摘み取ります。支柱を立てて主茎が倒れないように結びつけます。

step3
小さな実がつき始めたら追肥します。

step4
真っ赤に熟したものから収穫していきます。
 
 
育てる喜び、食べる楽しみ
菜園は小さくても土や緑を通して、春夏秋冬の自然を味わえるのが魅力です。
●種から芽が出て、葉が広がり、茎が伸びて、次第に成長していく過程には、育てる喜びと感動があります。

●自分で育てた野菜だから、食べて安全で安心です。

●食は健康の源。おいしい野菜をつくれば、おいしく食べようと思うもの。野菜づくりは、シンプルで健康な食生活のきっかけになります

●マイペースででき、適度な運動にもなり、心身の健康に効果大というメリットもあります。
参考文献:「家庭菜園・この素晴らしい世界」 著者:竹間忠夫 発行:講談社

参考文献:「香りと遊ぶ」  発行:淡校社
今月のリラクゼーション