リラクゼーション
  • 1月のリラクゼーション
  • 2月のリラクゼーション
  • 3月のリラクゼーション
  • 4月のリラクゼーション
  • 5月のリラクゼーション
  • 6月のリラクゼーション
  • 7月のリラクゼーション
  • 8月のリラクゼーション
  • 9月のリラクゼーション
  • 10月のリラクゼーション
  • 11月のリラクゼーション
  • 12月のリラクゼーション
1月のストレス解消! リラックス法
    
■2010年1月のストレス解消! リラックス法  
ゆるめる・・・体の余計な力を抜いてリラックス
体を曲げると腰がぎくしゃく、背中のボタンが留めにくくなったと感じたら、体が硬くなっているのかも知れません。 筋肉や関節は年齢とともに硬くなり動かしにくくなるにつれ、体や気持ちの衰えにつながります。
柔軟性や平衡性の低下は老化の元。日常の忙しさやストレスで体が緊張して、カチカチになっていませんか。

スポーツをはじめ、楽器の演奏や発声も上手に力を抜くのが上達のポイント。日ごろの動きも同じです。
力を抜くことを心がけて、体をゆるめリラックスすると、気持ちも楽に。

体と心と脳の老化を防ぐために、ストレッチやヨガ、呼吸法、軽い運動などで体の力を抜くコツを覚え、動きやすい体をつくりましょう。
ゆるめる・・・体の余計な力を抜いてリラックス

あなたにおすすめのくつろぎ茶
●足が疲れたと感じるあなた 足が疲れたと感じたら、ひざ下まですっぽり入るバケツに水をはり、足をつけて1分、40℃のお湯に20分を繰り返す「交互温冷浴」がおすすめ。
●足がつってしまうあなた 座った姿勢で両脚を伸ばし、つま先をつまんで手前に引っ張りながらストレッチします。筋肉の緊張をほぐすようにゆっくり動かすのがコツです。
●腰や体がだるいと感じるあなた 立って息を吐きながら脚をクロスさせ両手を合わせて、息を吸いながら両腕を高く上げ体を横に倒します。左右を入れ替えて数回。全身が伸びてすっきり。
●肩こりがつらいあなた あぐらをかいて数回深呼吸をしたら、力を抜いて上半身を振り子のように前後左右にゆらゆらと揺らしてみましょう。肩だけでなく、全身の筋肉もリラックスします。

早めにセルフケア
・・・やってみよう「ゆる体操」・・・
運動不足、加齢やストレスは筋肉をこわばらせます。
体をゆすったり、ゆらしたり、体の緊張をゆるめる「ゆる体操」は、筋肉をほぐすのに効果的です。
step1:すねブラブラ体操
仰向けに寝てひざを立て、足を組んで「ブラブラ」といいながら、ふくらはぎを振り子のようにゆらす。左右を入れ替えて同様に。
step2:ひざコゾコゾ体操
仰向けに寝てひざを立て、片方のふくらはぎを反対のひざにのせ、「コゾコゾ」といいながら前後に動かす。左右を入れ替えて同様に。
step3:腰モゾモゾ体操
仰向けに寝て両手両脚を軽く開き、ひざを軽く立てる。「モゾモゾ」といいながら、腰を床につけ、左右にモゾモゾと動かす。
 
筋肉をゆるめて能力を高める
体をほぐしてリラックスすれば、こりや痛みの解消だけではなく、こんな効果も期待できます。
○免疫力が向上する
疲労回復、ストレス解消、体と心のリラックスで、免疫力の低下を防ぎ、病気にかかりにくい体に。
○運動能力がアップする
筋肉の脱力がうまくできるのが一流のスポーツ選手。ゆる体操は、やわらかな身のこなしとパワーアップに役立ちます。
○集中力が高まる
こりをほぐせば血液の循環がよくなり、脳に十分な酸素と栄養が運ばれ脳の働きも良くなり疲労回復にもつながります。
 

参考文献:「ゆる体操で一生介護いらずになろう!」 著者:高岡英夫 発行:講談社 
今月のリラクゼーション