にがりについて
ニガリエキスで自分を治す
ニガリとは微量元素(ミネラル)のことです。
「ニガリ」とは海水を濃縮して塩を結晶した後に残った母液(エキス)のことです。海水に溶け込んでいる60数種類の微量元素(ミネラル)が含まれています。 それが「ニガリ」なのです。 舐めると文字通り苦い味がします。だから「苦汁」と書くのでしょう。 「ニガリ」はタンパク質を凝固させるので、かつては豆腐製造に用いられていました。
注意! 本物の「天然ニガリ」かよく確かめること・・・
豆腐店で用いられている「天然ニガリ」は、豆腐を固める成分である塩化マグネシウムのみをニガリから抽出したものや、海外から輸入された固形ニガリの場合があります。 塩化マグネシウムのみの「ニガリ」の場合は、飲みすぎると下痢をするおそれがあります。 輸入物の固形ニガリについても、固形化の過程で成分を排除したり、精製し直したりしていることがありますので、成分や製法をよく確かめる必要があります。 誇大広告やパッケージに惑わされないように!・・・
ゆほびか2月号真島真平先生談話より抜粋

ニガリエキス(マジマエキス)誕生
天然の海水に含まれる塩の成分と、白いサラサラの塩の成分を比較すると、白い塩にはたくさんの成分を失っています。 そこで、白い塩から失われた成分(ニガリ)を海水から抽出して、身体に補ってやると人間の健康のみならず、身体や脳の発達や、精神的な気質まで影響を及ぼすことがわかりました。 昭和52年研究の結果海水から抽出して1,000倍・10,000倍に濃縮し,塩化ナトリウム(塩分)を取り除いたニガリを完成させ「マジマエキス」「MNEうみ」と名付けました。 今、注目されている、このニガリエキスが、現代病に効果を発揮するのです。
ニガリエキス(マジマエキス)誕生
がん患者に効果 食欲の改善=失われた味覚が戻り食欲が出て、体力が出る。遺伝子が正常に働き体内生理が正常になる。
血圧を正しく調節 血管壁の弾力性や血管内の血流が良くなり高血圧は正常に、低血圧も同じように正常な値に戻ります。
厄介な糖尿病に著効 インスリンが正常に分泌され量を増やす。それによりグリコーゲンが再び肝臓に蓄えられて、血液中のブドウ糖量は敵量を保ち、尿に出なくなる。
夜尿症・尿失禁 子どものオネショは「膀胱がいっぱいですよ」という刺激信号を脳に伝える神経系の機能が正常になる。
その他 アトピー性皮膚炎、花粉症、ボケ、無気力、情緒不安定、セックスレス夫婦、など。また、今若い人に多い亜鉛欠乏の危機が囁かれています。

 
「自然塩」を摂るか「ニガリ」を毎日適切に摂ると、身体全体が活性化して病気を治す。身体全体が活性化すれば、健康を守る免疫機能が正常に働き、外部から進入した異物(ウイルスや細菌、化学物質など)を排除します。 ニガリに含まれる微量成分を補うことで、臓器や組織、一つ一つの細胞に至るまで正常に働き出します。 その結果、病気が治るだけでなく、精神的な面や性的能力まで回復して行きます。
濃縮ニガリ(マジマエキス)をコップ一杯の水で薄めて飲用すると、人によって感じる味覚が、かすかな甘味を感じる人、苦みを感じる人、ゴクゴク飲み干したい気持ちになる人もいれば、苦味があって飲み続けられないと言う人など相当に違います。これは、
飲んだ人の体内に「ニガリ成分=ミネラル」が不足か、充足しているかを示す一つのバロメーターです

自然海塩の「ニガリ」は生命の源
料理に使うと、塩の「ニガリ成分」が自然と摂れ免疫力を高め現代病、非行を克服する!
注文ページへ
今月のリラクゼーション